花粉症に強い耳鼻科 についての記事一覧 | 新宿で花粉症の薬をもらえる耳鼻科

HOME » 花粉症に強い耳鼻科

花粉症に強い耳鼻科

花粉症の薬なら耳鼻科が最適

花粉症はどんな症状なの?

花粉症になったことがある人ならわかるとは思いますが、逆に花粉症になったことがない人は「そもそもどういう症状なの?」と疑問に思っているかもしれません。

花粉症というのは、まずその他の病気とは少し違ったものとなります。

本来、病気は病原菌が体内に侵入し、それに反応して発症することが多いです。

しかし、花粉症の場合はそもそもアレルギー症状であり、病気とは違ってきます。

体内に花粉が侵入することで身体が「異物だ」と判断し、それらを体外に排出するために鼻水やくしゃみを引き起こすのです。
≫ 『花粉症の薬なら耳鼻科が最適』

花粉症治療なら耳鼻科で決まり

花粉症の症状

花粉症は症状が人によって違うのですが、そのどれもが耳や鼻や目に出るものです。
その多くは鼻水や鼻づまり、くしゃみなどアレルギー反応が主なものとなっています。
症状にも浮き沈みがあり、それぞれの症状は人によって大きく違ってきます。
例えば、花粉症という人でも目がかゆくなったり耳が痛くなったりする人もいる一方で、鼻にしか症状が出ないという人もいるくらいです。
そもそもなぜ症状が出るのかと言えば、これは花粉というアレルゲンに対する反応です。
つまり身体が「侵入させないぞ」と必死に花粉に対して抵抗している証拠と言えます。
鼻水で花粉を出す他、鼻づまりで花粉の侵入を防ぎ、くしゃみで花粉を体外に吹き飛ばすなどなど、身体が本来持っているアレルギー反応が花粉症の症状なのです。
当然、この症状が続くと辛いのですが、身体を守るための防衛機能の1つと言えます。
≫ 『花粉症治療なら耳鼻科で決まり』

アレルギー反応を抑える方法

薬で抑える

花粉症などのアレルギー反応は、薬によって抑えることができます。

すでに医療業界ではアレルギー症状を抑えるための薬も開発しているのです。

そのため、花粉症の主な症状となる鼻水やくしゃみなどは薬で抑制することができます。

この薬を処方してくれるのは、主に耳鼻科などの専門医ですね。

病院で治療するのなら、耳鼻科などを受診してみるのが良いのではないでしょうか。

耳鼻科であれば、薬で症状を抑えることができるので、かなり楽になります。

花粉症の症状はその年によって違ってくるので、あまり症状が酷くないのなら、病院で処方されている薬だけでも、その年を乗り越えることはできるでしょう。

また、単なる花粉症のアレルギー症状であれば、市販されている薬で抑制できます。

そこは自分の花粉症と向き合いながら、体質に合っている薬を見つけていくと良いです。

焼いて抑える

花粉症で見られるアレルギー症状の多くは、鼻内部の皮膚で生じるものが多いです。

鼻水やくしゃみも鼻の中でアレルギー反応が起こるために発生するものと言えます。

そのため、皮膚科などでは鼻内部の粘膜を焼くという手術をしてくれるところもあります。

どうしても花粉症の症状が毎年のように出て苦しいという時には、いっそ鼻の中を焼いてしまうというのも良いかもしれませんね。

鼻の粘膜を焼くというのは難しいように思えますが、手術も数十分で終わります。

ほとんどの場合はパパッと焼いて対処できるので、日帰りでの手術も可能です。

焼くことによって何か弊害が出るということもありませんので、安心してください。

ただ、そもそもアレルギー反応はアレルゲンに対する反応なので、鼻の中を焼いてしまうと花粉などのアレルゲンを体外に排出することができなくなります。

リスクと呼べるほどのものではありませんが、それらの説明も受けて納得できるのなら、焼いてもらっても良いかもしれませんね。

花粉を取り入れない

花粉症などのアレルギー反応を抑えたいなら、そもそも花粉を取り入れないことです。

マスクやサングラスをする他、衣服に付着した花粉も落とすなどの努力をすれば、より花粉症に悩まされるということは少なくなっていきます。

また、花粉が多いところには近づかないようにするなど、工夫次第で対策も可能です。

そのため、花粉を取り入れない生活を送るようにしてみても良いです。

ただ、日本には多くの花粉症の原因となる植物が生えています。

すべてを避けるということはなかなか難しいですので、そこは注意してください。

耳鼻科と皮膚科でアレルギー診察

花粉症のアレルギーの症状

花粉症でアレルギー症状が出ると、どのような症状になるのでしょうか。

まず、花粉症になると鼻水やくしゃみが止まらなくなるという症状があります。

これは身体に入った花粉を外に出す他、他の花粉を中に入れないようにするためです。

要はアレルギー反応というのは、花粉などの具体的な症状を出すものに対して出るものとなっていて、アレルゲンとなるものを除去しないといけません。

花粉症のアレルゲンはシラカバやスギなどの花粉となっています。
≫ 『耳鼻科と皮膚科でアレルギー診察』

花粉によるアレルギー反応

鼻水

花粉によるアレルギー反応の代表的なものと言えば、鼻水です。
そもそも鼻水が出るメカニズムとしては、花粉を外に追い出すことはもちろん、外から侵入させないようにするという役割も持っていると言えるのです。
花粉症の人は花粉が入ってくることによって、体内でそれらの防衛機能が働きます。
それがそもそも鼻水が出る原因となっていて、あのしつこいまでの鼻水の正体です。
これはアレルギー反応なので、自分で抑えようとしても難しいです。
時間が経過すれば花粉症の症状も出てこなくなりますが、それでも長い人だとアレルギー反応が数日から数週間ほど続くということもあったりします。
そのため、まずは花粉を体内に取り入れないようにし、徹底的に対処することが必要です。
鼻水はアレルギー反応の中でもまず最初に出てくることなので、注意しましょう。
≫ 『花粉によるアレルギー反応』

アレルギーテストについて

アレルギーテストについて

花粉症の症状に悩んでいるときにはアレルギーテストを受けてみるのもおすすめです。
これは何かというと、どんなアレルギーを持っているのかを調べられるテストのことです。
いくつかテストの種類がありますが、血液検査など比較的よく行われます。
何となくスギ花粉やヒノキ花粉へのアレルギーかなと思っても、正確にそうなのかはわかりませんよね。
また、春先以外に花粉症のような症状が出る場合、どんな花粉に反応しているのか、よくわからない場合もあるでしょう。
≫ 『アレルギーテストについて』

アレルギーに効く点鼻薬

アレルギーと点鼻薬

アレルギーが出るときには点鼻薬が処方される場合も多いです。
これは何かというと鼻に使うスプレーのような薬となります。
噴射口を鼻に軽く挿入し、シュッとスプレーをすると鼻の奥に薬が噴射されますから、それを吸い込むことで鼻づまりや鼻水過多、くしゃみといった鼻のアレルギーの症状を抑えられます。
鼻炎などの症状が強い場合、アレルギーを抑える飲み薬だけでは症状があまり改善しない場合もあるため、このような点鼻薬が一緒に処方される場合もあるのです。
花粉症により鼻炎などの症状が強く出ている方にはとても役立つ薬となるでしょう。
≫ 『アレルギーに効く点鼻薬』

ブタクサアレルギー対策

ブタクサアレルギー

ブタクサアレルギーとは花粉症の一種になります。
あまり聞いたことがないかもしれませんが、花粉症は春に起こるスギやヒノキだけではありません。
ブタクサとは秋に飛ぶ花粉となり、これに反応する方は秋に花粉症が起こることになります。
症状はよくある花粉症のものとなり、鼻詰まりやくしゃみ、鼻水といった症状が出る方が多いです。
花粉症患者の多い季節とはずれていても、その季節に飛ぶ花粉に強く反応する場合、日常生活がつらくなる方も多いでしょう。
もしブタクサアレルギーが出ているときはしっかりその対策を取ることが大事です。
≫ 『ブタクサアレルギー対策』

ひのきアレルギーでの受診

ひのきアレルギー

花粉症は花粉に対するアレルギーとなりますが、どの花粉に反応しているかは人によって変わります。
ひのき花粉に反応している方は、ひのきアレルギーとなりますね。
この花粉が飛ぶのは春先です。
春先の花粉といえばスギ。
スギ花粉アレルギーは非常に患者数が多く、スギ花粉アレルギーが花粉症のイメージとなっている方も多いでしょう。

ひのき花粉はそのスギ花粉が飛ぶ時期に非常に近いため、春に起こる花粉症の一つとなっています。
地域によってもひのき花粉が飛ぶ時期は変わりますが、厳密にはスギ花粉のピークと少しずれる場合もあり、ひのきアレルギーだけを持っている方は、スギ花粉によるアレルギーが強まる時期を少し過ぎてから症状が始まります。
ただ、スギ花粉アレルギーを持っている方の7割近くが同時にひのきアレルギーも持っているといわれており、ひのきにだけに反応する方は少数派となります。
スギとひのきの両方のアレルギーがある方は、スギとひのきの両方の花粉が飛んでいる時期には症状がより強まることがあるため、十分に注意してください。
症状がひどい場合は早めに病院を受診するのがおすすめです。

ひのきアレルギーの症状

ひのきアレルギーの症状とはどんなものかというと、これは花粉症の一般的な症状となります。
鼻水が出る、鼻が詰まる、くしゃみが出る、目がかゆいといったものが代表的です。
しかし症状の出方は人によって変わります。
花粉症のせいで咳が出るという方もおられます。
アレルギーとなるため、これら症状は風邪薬や十分な休養などをとっても改善しないのが普通です。
花粉が飛ぶ時期になると症状が始まり、花粉が飛び終わる時期になると症状も終わります。
アレルギーの薬を飲むと花粉が飛んでいる中でも症状を抑えられ、楽に生活できます。

ひのきアレルギーでの受診なら

この症状を和らげるために病院を受診したいなら、たとえば新宿駅西口近くの病院がおすすめです。
こちらは内科となりますが花粉症の診察も行っていますので、ひのきアレルギーの症状で困っている方でも利用できます。
待ち時間が短くなるように配慮されている病院ですから、働いている方でも利用しやすい病院です。
耳鼻科を受診したいなら、新宿駅の周りにいくつも病院があります。
できるだけ駅に近い病院がいいときは新宿駅南口近くの耳鼻科を選ぶといいです。
徒歩一分で来院できる非常に便利な病院です。
このように新宿駅近くにはひのきアレルギーで利用できる病院がいくつもありますから利用してみてください。

ひのきアレルギー

ひのきアレルギー

ひのきアレルギーはいわゆる花粉症の1つとなります。
ひのきの花粉に反応して鼻水や鼻づまり、目のかゆみといった症状が現れます。
その原因はひのきの花粉となるわけですから、これがよく飛ぶ季節に現れることが多いですね。
その季節とは住んでいる地域にもよるのですが、3~4月にかけてとなることが多いです。
花粉症の原因として非常に多いすぎ花粉が飛ぶ季節も主にこの春先となるため、ひのきアレルギーは一般的な花粉症と思えるところでしょう。
≫ 『ひのきアレルギー』